ルール、種目、競技会場、スケジュール

【基本ルール】

規定の距離にある標的を狙って矢を射ち、得点を競う。

障がいの内容や程度に応じて補助器具の使用やアシスタントの付き添いが認められており、「オープン部門」(立位・座位または車いすを使用)と「W1部門」(四肢に障がいがあり、車いすを使用)に分けられる。

 

オープン部門はさらに次の①と②に分けられ、部門ごとに的までの距離や的のサイズ、試合形式が異なる。

①オリンピックでも使用される弓を使う「リカーブオープン」

70m先にある直径122cmの的を狙う。個人戦は6ポイント先取、男女各1名で実施されるミックス戦は5ポイント先取の5セット制。

②パラリンピックならではの弓を使う「コンパウンドオープン」

50m先にある直径48cmで、5点から10点までの得点帯しかない「6リング」と呼ばれる的を使用。個人戦は3射×5エンドの合計得点、ミックス戦は4射×4エンドの合計得点により勝敗を決定する。

③リカーブ、コンパウンドいずれも使用できる「W1」

50m先にある直径80cmの的を狙う。勝敗の決定方法はコンパウンドオープンと同じ。

 

※ルールの詳細は、下記のサイトで確認を※

一般社団法人日本身体障害者アーチェリー連盟

日本財団パラリンピックサポートセンター 

日本パラリンピック委員会

東京都オリンピック・パラリンピック準備局

NHK東京2020パラリンピック

公益社団法人日本障がい者スポーツ協会

東京2020公式パラリンピックサイト 

 

【種目】

個人:W1(男子/女子)、コンパウンド(男子/女子)、リカーブ(男子/女子)

チーム:W1(ミックス)、コンパウンド(ミックス)、リカーブ(ミックス)

 

【競技会場】

夢の島公園アーチェリー場(東京都江東区夢の島2丁目1番4号)

 

【競技スケジュール】

こちらをチェック。

 

【TV放映スケジュール】

 ※情報が入り次第更新予定※

 


東京2020 日本代表内定選手(3/12現在)


オススメ関連リンク(更新中)

<動画>武井壮のパラスポーツ真剣勝負 

タレントの武井壮が、さまざまなパラスポーツにチャレンジするシリーズ。スポーツや身体理論などの知識に長け、自身も現役アスリートである彼ならではの視点で、競技のおもしろさや難しさを知ることができる。1本3分以内で見られるのも良い。

パラアーチェリー 修行編 立って矢を放つのと、車いすに座って放つのはどう違うか。口でくわえて矢を放つのはどんな感覚?

パラアーチェリー 勝負編 現役日本代表選手と対決。さすが武井壮、初めてトライする競技でもそこそこできちゃうセンスの良さ!

マット・スタッツマンに挑む 両手がなく、足で矢を支えて口で放つ、アメリカのマット・スタッツマン選手のすごさがわかる。

 

<動画>TOKYO SPORTS STATION

競技の見どころやアスリートのすごさに焦点を当てたアニメーション。東京メトロの地下鉄車内でショートバージョンが公開されている。

パラアーチェリー編

 

<インタビュー記事>SPORTRAIT 上山友裕選手インタビュー

東京2020大会の代表に内定している、上山選手。2016年リオ大会での経験と、東京大会にかける想いとは。上山選手、さわやかなイケメン!

「東京で金メダル」公言の裏にあるリオでの悔しさ

 

<動画>東京都「東京動画」

ルールやクラス分けなどの基本、障がいによって異なる弓の射り方のバリエーションもわかる。実際の試合の様子も知ることができる。

知れば知るほど面白い パラアーチェリーの世界