ルール、種目、競技会場、スケジュール

<トラック競技>

【競技場】

1周400mの小判形の競技コースに、9つのレーンが設けられている。

【基本ルール】

選手は合図により一斉にスタート。フィニッシュまで先に到着した選手が勝利。

視覚障がい者クラスでは、伴奏者(ガイドランナー)とテザー(ガイドロープ)を握り合って並走したり、競技用義肢・競技用車いすを使用したりと、種目や障がいの程度によってルールが異なる。

【種目・クラス分け】

男女別に短距離、中・長距離、リレー種目が実施される。対象となる選手の障がいが、視覚障がいや知的障がい、麻痺や四肢の欠損など多岐にわたるため、極力条件を揃え、公平にレースが行えるよう「クラス分け」と呼ばれる制度が導入されている。

※種目がとても多いので、詳細は、東京2020公式パラリンピックサイトで確認を。

 

<フィールド競技>

【競技場】

トラックの内側や外側のエリアを「フィールド」と呼び、競技ごとに競技スペースが設けられている。

【基本ルール】

フィールドで行われるのは「跳躍」と「投てき」。ルールはオリンピックの陸上競技とほぼ同じだが、障がいのクラスに応じて、一部のルールが変更されている。

【種目・クラス分け】

跳躍競技には走高跳、走幅跳があり、投てき競技には砲丸投げ、やり投、円盤投に加え、パラリンピック独自の種目、こん棒投がある。種目ごとに男女に分かれ、さらに障がいの程度によって、クラスが細かく分かれている。

※種目がとても多いので、詳細は、東京2020公式パラリンピックサイトで確認を。

 

 ※ルールの詳細は、下記のサイトで

一般社団法人日本パラ陸上競技連盟

日本財団パラリンピックサポートセンター

公益財団法人日本障がい者スポーツ協会「かんたん!陸上競技ガイド」

東京都オリンピック・パラリンピック準備局

日本パラリンピック委員会

NHK東京パラリンピックサイト

東京2020公式パラリンピックサイト

 

【競技会場】

オリンピックスタジアム(東京都新宿区霞ケ丘町10-1)

 

【競技スケジュール】

こちらで確認を。

 

【TV放映スケジュール】

 ※情報が入り次第更新予定※

 

 

東京2020 日本代表内定選手(3/12現在)

伊藤智也(いとうともや)選手(男子/100m・400m・1500m/T52)

上与那原 寛和(うえよなばるひろかず)選手(男子/400m・1500m/T52)

大矢 勇気(おおやゆうき)選手(男子/100m/T52)

唐澤 剣也(からさわけんや)選手(男子/5000m/T11)

佐藤友折(さとうともき)選手(男子/400m・1500m/T52)

鈴木 徹(すずきとおる)選手(男子/走り高跳び/T64)

鈴木朋樹(すずきともき)選手(男子/マラソン/T54)

堀越信司(ほりこしただし)選手(男子/マラソン/T12)

山本 篤(やまもとあつし)選手(男子/走り幅跳び/T63)

和田伸也(わだしんや)選手(男子/1500m/T11)

佐々木 真菜(ささきまな)選手(女子/400m/T13)

高田千明(たかだちあき)選手(女子/走り幅跳び/T11)

兎澤朋美(とざわともみ)選手(女子/走り幅跳び/T63)

中西麻耶(なかにしまや)選手(女子/走り幅跳び/T64)

前川 楓(まえがわかえで)選手(女子/走り幅跳び/T63)

道下美里(みちしたみさと)選手(女子/マラソン/T12)


関連記事リンク(準備中)