ルール、種目、競技会場、スケジュール

【コート】

12.5m×6m。選手は2.5m×1mのスローイングボックスから投球する。コートから出たボールはアウトとなり、外枠線上のボールもアウトとなる。

 

【基本ルール】

2つのサイド(個人、ペア、チーム)で対戦。それぞれ赤か青の6個のボールを保持し、一方のサイドが「ジャック」と呼ばれる白いボールをコート上に投げる。その後、各サイドが手持ちの赤・青のボールを「ジャック」のなるべく近くへ投げる、転がす、足で蹴るなどして試合が進行する。

両サイドが自分のボールをすべて投球した時点で1エンドが終了。ジャックに最も近い色のサイドが、相手サイドよりジャックに誓いマイボールの数を点数として獲得する。個人・ペアは4エンド、チームは6エンドで1試合。エンドごとに得た得点の総計で勝敗が決する。

 

※ルールの詳細は、こちらから。

一般社団法人日本ボッチャ協会

公益財団法人日本障がい者スポーツ協会「かんたん!ボッチャガイド」

社団法人日本ユニバーサルボッチャ連盟

日本財団パラリンピックサポートセンター

東京都オリンピック・パラリンピック準備局

NHK東京パラリンピック 

私立!ボッチャの学校

東京2020公式パラリンピックサイト

 

【種目・クラス分け】

男女の区別はなく、障がいの種類や程度などにより4クラス(BC1~4)に分けられる。1対1の個人戦、2対2のペア戦、3対3のチーム戦の3種類がある。クラスによって、アシスタントのサポートを受けたり、投球用具(ランプ)を使用できたりする。

 

個人BC1、BC2、BC3、BC4、チームBC1/BC2、ペアBC3、BC4 ※すべて混合

 

※クラス分けの詳細は、こちらで確認を。

 

【競技会場】

有明体操競技場(東京都江東区有明1丁目10-1)

 

【競技スケジュール】

こちらで確認を。

 

【TV放映スケジュール】

※わかり次第、更新予定※

 


東京2020 日本代表内定選手(3/12現在)


関連記事リンク(準備中)