ルール、種目、競技会場、スケジュール

【コース】

舞台は富士スピードウェイと周辺の一般道。種目ごとに走るコースが異なる。

<ロードレース>距離:約13.2km/1周 ※クラスによって周回が異なる。

<タイムトライアル>距離:約8km/1周 ※クラスによって周回が異なる

<チームリレー>距離:約24.3km(約2.7km×9周)

 

【基本ルール】

種目によって異なる。

<ロードレース>選手は一斉にスタートし、フィニッシュラインに先に到達した選手が勝利。

<タイムトライアル>一定時間を空けて1人ずつスタートし、タイムを競う。

<チームリレー>男女混合で1チーム3名。1人が各3周して着順を競う。

 

※ルールの詳細は、こちらで確認を。

公益財団法人日本障がい者スポーツ協会「かんたん!自転車ガイド」

一般社団法人日本パラサイクリング連盟

日本財団パラリンピックサポートセンター

NHK東京パラリンピック

東京都オリンピック・パラリンピック準備局

東京2020公式パラリンピックサイト

 

【クラス分け】

より公平な競技にするため、障がいに応じてクラスが分かれ、さらに障がいの程度によって細分化されている。

<Hクラス>下肢に切断やまひ、運動機能障がいなどがある選手を対象とし、障がいの程度の重い方からH1~H5の5クラスに分かれる。

<Cクラス>切断やまひなど四肢障がいを対象とし、障がいの程度の重い方からC1~C5の5クラスに分かれる。

<Bクラス>視覚障がいを対象とするが、見え方によるクラス分けはなく、1クラスのみで行われる。

<Tクラス>脳性まひなどの重度の四肢障がいがある選手を対象とし、障がいの程度によってT1~T2の2クラスに分かれる。

 

※クラス分けの詳細は、こちらで確認を。

 

【競技会場】

富士スピードウェイ(静岡県駿東郡小山町中日向694)

 

【競技スケジュール】

こちらで確認を。

 

【TV放映スケジュール】

※わかり次第、更新予定※


東京2020 日本代表内定選手(未決定)


関連記事リンク(準備中)