ルール、種目、競技会場、スケジュール

【競技場】

傾斜がついたすり鉢状の1周250mのトラック。コーナー部分の傾斜角は45度にも達する。


【基本ルール】種目によって異なる。
<タイムトライアル>1人ずつ決められた距離を走り、タイムを競う。
<パシュート>2名の選手が、競技場のホームライン・バックラインから同時にスタート。相手選手を追い抜くか、完走したタイムで勝敗を決める。

 

※ルールの詳細は、こちらで確認を。

一般社団法人日本パラサイクリング連盟

公益財団法人日本障がい者スポーツ協会「かんたん!自転車ガイド」

日本財団パラリンピックサポートセンター

東京都オリンピック・パラリンピック準備局

NHK東京2020パラリンピック

時事ドットコムニュース

東京2020公式パラリンピックサイト


【種目・クラス分け】
より公平な競技にするため、障がいに応じてクラスが分かれ、さらに障がいの程度によって細分化されている。
<Cクラス>切断やまひなど四肢障がいを対象とし、障がいの程度の重いほうからC1~C5の5クラスに細分される。

C1-2-3 1kmタイムトライアル(男子)

C1-2-3 500mタイムトライアル(女子)

C1-5 チームスプリント(混合)

C4-5 1kmタイムトライアル(男子)

C4-5 500mタイムトライアル(女子)

C1・2・3 パシュート(男子)

C4・5 パシュート(男子/女子)

C1-2-3パシュート(女子)

 

<Bクラス>Bクラスは視覚障がいを対象とするが、見え方によるクラス分けはなく、1クラスのみで行われる。2人乗りのタンデム自転車を使い、パイロットと呼ばれる晴眼の選手が前の席に乗ってハンドル操作などを担い、後ろに視覚障がいの選手が乗る。
B 1kmタイムトライアル(男子/女子)

B パシュート(男子/女子)

【競技会場】

伊豆ベロドローム(静岡県伊豆市大野1826番地)

 

【競技スケジュール】

こちらで確認を。

 

【TV放映スケジュール】

※わかり次第、更新予定※

 


東京2020 日本代表内定選手(準備中)


関連記事リンク(準備中)