ルール、種目、競技会場、スケジュール

【競技場】
「プラットフォーム」と呼ばれる。4m×4mで、厚さは3cm。


【基本ルール】
ステージ中央に置かれたベンチに仰向けに横たわった状態から、バーベルを押し上げる。多くの人が実践しているベンチプレスを下半身に障がいがある選手たちが上半身の力だけで戦う。
競技は1人1回ずつ順番に行い、3回の試技で最も重たいバーベルを挙上した選手が勝者となる。
下半身の力を使えないので、バランスをとるだけでも難しいが、競技の判定はとても厳しく、少しでもバーベルが傾くと失敗となる。

 

※ルールの詳細は、こちらで確認を。

NPO法人日本パラ・パワーリフティング連盟

公益財団法人日本障がい者スポーツ協会「かんたん!パワーリフティング」

日本財団パラリンピックサポートセンター

NHK東京パラリンピック

東京都オリンピック・パラリンピック準備局

東京2020公式パラリンピックサイト

 

【種目】

東京2020大会では男女各10階級が実施される。
また、障がいの内容や程度によるクラス分けはなく、試合は体重別で行われる。男女各10階級に分かれるが、下肢の一部を切断している選手は、切断の範囲に応じて選手自身の体重に一定の重さを加算した重量で分類される。
<男子> 49kg級/54kg級/59kg級/65kg級/72kg級/80kg級/88kg級/97kg級/107kg級/107kg超級
<女子> 41kg級/45kg級/50kg級/55kg級/61kg級/67kg級/73kg級/79kg級/86kg級/86kg超級

【競技会場】

東京国際フォーラム(東京都千代田区丸の内三丁目5番1号)

 

【競技スケジュール】

こちらで確認を。

 

【TV放映スケジュール】

※わかり次第、更新予定※

 


東京2020 日本代表内定選手(準備中)


関連記事リンク(準備中)