ルール、種目、競技会場、スケジュール

【基本ルール】
1人の選手がスイム、バイク、ランの3種目を連続して行い、その合計タイムで競う。パラリンピックでは、レース距離をオリンピックの半分に設定し、スイム(750m)、バイク(20km)、ラン(5km)の計25.75kmで男女別に行われる。

 

※ルールの詳細は、こちらで確認を。

公益社団法人日本障がい者スポーツ協会「かんたん!トライアスロンガイド」

日本財団パラリンピックサポートセンター

NHK東京パラリンピック

東京都オリンピック・パラリンピック準備局

東京2020公式パラリンピックサイト

 

【クラス分け】
障がいの内容や程度により6クラスに分かれ、クラスごとに競技方法が一部異なる。座位クラス(PTWC)は、バイクはハンドサイクルを使い、ランでは競技用車いすを使う。立位クラス(PTS2~5)はバイク、ランでは障がいに応じて義足などの補装具を使用でき、バイクの改造なども認められる。視覚障がいクラス(PTVI)は、競技全体を通して同性のガイド1名とともに競技を行う。

 

・PTWC(座位)/ 下肢に障がいがあり、車いすを使用する選手…バイクはハンドサイクルを、ランは競技用車いすを使う。

・PTS2~5(立位/ 上・下肢の切断や機能障がいなど肢体不自由の立位の選手(障がいの重い方から2~5に分けられる)…バイク・ランは義足など補装具の使用が認められている

※PTS4(男子):PTS2&3を含む ※PTS5女子):PTS3&4を含む 

・PTVI(視覚障がい/ 視覚に障がいのある選手…同性のガイドと競技する。バイクはタンデム(2人乗り)車を使う。

 

【競技会場】

お台場海浜公園(東京都港区台場一丁目)

 

【競技スケジュール】

こちらで確認を。

 

【TV放映スケジュール】

※わかり次第、更新予定※

 

東京2020 日本代表内定選手(準備中)


関連記事リンク(準備中)